htmlでホームページを作ってみよう

こんにちは。Isodaです。
最近はウォーキングを夕方するのが日課になってきました。
前は夜だったんですけど、日が暮れるのが早くなってきたので、
寒くなる前にやって、夜はPC作業にあてています。

前よりもパソコン時間が長く取れるようになったので、結構なペースでデスクワークを進められるようになりました。これは逆にラッキーでしたね。
腹筋もやんなきゃと思いつつ、ついサボり気味になってしまう今日この頃です。

さて表題の通り、テーマは「htmlでホームページを作ってみよう」です。

htmlとは何ぞやって話しですが、皆さんが今見ているホームページは全てこのhtmlってやつで書かれています。
タグで囲まれた英語っぽいやつで、わかる人にはわかる、わからん人にはさっぱりわからんアレです。

まず今回は基本中の基本「htmlで文字を書いてみよう」てのをやってみましょう。

まず用意するのはパソコン、テキストエディタ、ブラウザの3種。
パソコンは説明要らず。
テキストエディタってのは、文字をテキストのみで表すメモ帳みたいなものです。

windowsなら最初から「メモ帳」が入っていますし、有名どころでは「terapad」っていうテキストエディタもあります。
ちょこっと試す程度なら「メモ帳」でオーケー。
真剣にやりたいなら「terapad」をダウンロードしてインストールしてください。

ブラウザってのは、今このサイトを見ているのに使っているソフトのこと。
windowsならInternet Explorerとか、Firefox、 Chromeとかがそうです。
MacならSafariとかいろいろありますね。
スマホでもFirefox、 Chromeとか多いです。
これらを総称してブラウザと言います。

この3種の道具があればホームページは作成できます。
(ホームページ作成ソフトについては、後ほど解説しましょう)

では早速、このテキストエディタに下記のタグを書いてみましょう。
まずは超シンプルに、たったの5行です。

書き終わったら「test.html」と名前を付けて、
デスクトップにでも保存してください。

で、保存した「test.html」をクリックして、
そのままブラウザの上で離してみましょう。
(そのままダブルクリックして可の場合あり)

するとあら不思議。
今書いた文字「本日は晴れです。」がブラウザ上に表示されます。

どうでしょう。
ちょっと文字を追加してみましょう。

で、そのまま上書き保存。
今度はブラウザの更新ボタンをクリックしてみましょう。
(Firefoxの場合は下記の赤丸)
文字が追加されましたか。

文字を改行してみましょう。
改行する所に

を入れます。
(他にもいろんな方法がありますが、今回はこれでいきます)

ブラウザの更新ボタンをクリック。

どうですか。改行されましたか。
意外と簡単だったのではないでしょうか。

htmlはタグの使い方さえわかれば、そんなに難しいものではないんです。
要はやる気の問題ですね。
「元気があれば何でもできる」っていう名言がありますが、
「やる気があれば何でもできる」って名言?も付け加えておきましょう。

今回は短めですが、ここまでにしときます。
(チェックしてないので、誤字脱字があったら失礼!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です